大手外国為替証拠金取引会社外為オンライン/ライブスター証券などのスワップポイントを比較!

FXスワップポイント比較.COM > 楽天FX証券の評判 > 楽天証券(旧FXCMジャパン証券)のスワップは通貨ペアによってバラつきあり

楽天FX証券の評判

楽天証券(旧FXCMジャパン証券)のスワップは通貨ペアによってバラつきあり


楽天証券(旧FXCMジャパン証券)のスワップポイントの高さを検証してみました。
スワップポイントといえば、真っ先にフォーランドオンライン
(現楽天FX証券)と言われるくらいの知名度ですね。

大手FX会社28社のスワップポイントを調査し比較してみたところ
旧フォーランドオンライン時代と比べて少し下がり気味の結果
となりました。

下記のグラフで、FXCMジャパン証券(現楽天FX証券)のスワップポイントの変動が
よくわかります。

2010年、2011年、2012年の中で順位が大きくかわっています。
通貨ペアごとでも特徴がでていますね。


楽天FX証券(フォーランドフォレックス) 評価

※大手FX会社28社のスワップポイントを比較したFXCMジャパン証券の順位
調査したスワップポイントの値は、それぞれ一週間の値を集計したものです。

 

紫色の2010年11月と、緑色の2011年4月の値は 、ほとんどの通貨ペアで
旧FXCMジャパン証券(現楽天FX証券)が3位以内の順位でした。

一方で、オレンジ色の2011年7月の値をみると、
10位以降の通貨ペアが多くなっています。

 

2012年1月に調査した最新のデータ(青色のグラフ)では、前回に比べて
ポンド円、豪ドル円、ニュージーランド円、ランド円、カナダ円の
通貨ペアの順位が大きく上がり、復調してきているのが分かります。

ただ、ドル円、ユーロ円、ポンド円のスワップポイント値は
他社と比べて低い値です。


合併してから、それほど時間が経っていないので
もう少し様子をみたいところですが、
現状は、取引する通貨に合わせて選択するのが賢い使い方だと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加