大手外国為替証拠金取引会社外為オンライン/ライブスター証券などのスワップポイントを比較!

FXスワップポイント比較.COM > 各国の通貨・経済情報 > アメリカ合衆国米ドルの特徴 〜スワップポイント向け通貨を比較

各国の通貨・経済情報

アメリカ合衆国米ドルの特徴 〜スワップポイント向け通貨を比較

<通貨の特徴>

usa2.gif
通貨のメジャー度 ★★★★★★★★★★
通貨の取引度 ★★★★★★★★★★
スワップポイント適応度 ★★★★★★


■ アメリカ合衆国、米ドル通貨の特徴

アメリカの米ドルは、言わずとしれた世界で一番有名な通貨ですね。

世界中で決算通貨として使われているため、
ドルの取引高は全ての通貨で比較して最大です。

GDPが世界第一位で
もっとも安定して、もっともメジャーな通貨です。


ただ、その一方で、アメリカの金融政策や貿易などの
景気をあらわす部分が悪いと、為替レートが大きく変動する
こともあります。

財務省などの要人の発言による為替変動や、
政策によって為替が強制的に介入されることもあります。


<アメリカ合衆国の経済情報>

GDP 13兆8,438億円(2007年)
失業率 5.1%(2008年3月)
消費者物価上昇率 4.1%(2007年)
主要産業 工業(全般)、農業(小麦・とうもろこし・大豆など)
金融、保険、不動産産業、サービス業


米ドルの為替変動要因 〜スワップポイント向け通貨を比較


米ドルを取り扱うときに、最低現見ておいた方がいいポイントを紹介します。
買い要因、売り要因になる事例を検証!

○経済情勢

雇用統計が特に注目されています。
GDP、貿易収支、経済収支、消費者物価指数などの値にも気をつけましょう。

○金利政策

アメリカ(米国)の金融政策は、FRB(米国中央銀行)が年8回開催している
連邦公開市場委員会(FOMC)で決定されます。
決定事項と共に声明の内容等も重要です。

○通貨政策

通貨政策は、、アメリカ(米国)の財務省が決定しています。
財務省の要人の発言は、大きな影響力をもっているので要注意!
政策によって強制的に為替に介入することもあります。

アメリカ経済の動向・予測 〜スワップポイント向け通貨を比較


2008年のサブプライム問題(低所得者向けの住宅金融問題)で
アメリカ経済が急激に冷え込みました。

2008年11月に新しい大統領が誕生しましたが、
オバマ氏は、減税対策など景気対策を重要視する方のようです。

2009年は、大手保険会社や車業界の相次ぐ倒産など、
アメリカ(米国)の経済は、停滞が続いています。

悪化ベースは鈍化していますが、
個人消費、設備投資に明るい兆しがでてこないですね。

7,800億ドルもの景気対策がどこまで効果を発揮するか注目しましょう。

→ 各国の通貨・経済情報一覧へ

FX初心者におすすめのFX業者

 スワップポイントが高く設定され、スプレッドも固定性の外為オンライン

外為オンライン 評判

外為オンラインFX年間取引高2年連続1位を獲得!スワップポイントを最高水準。スプレッドも固定性ドル/円1銭とかなり低めです。6000円という少額から始められます。

→ 外為オンラインの詳細へ

→ 外為オンラインの評判を分析



 スワップポイントが高く中・長期投資向けのフォーランドフォレックス

フォーランドオンライン 評価

フォーランドオンラインの売りはスワップポイントの高さです。他のFX業者と比較してかなり高水準な値となっていますので中・長期投資のスワップポイント派におすすめです。

→ フォーランドオンラインの詳細へ

→ フォーランドオンラインの評価を分析


→ FXスワップポイント比較Toppageへ


このエントリーをはてなブックマークに追加