大手外国為替証拠金取引会社外為オンライン/ライブスター証券などのスワップポイントを比較!

FXスワップポイント比較.COM > 意外と知らない税金 > 経費を計上して節税対策!〜FXスワップポイント派の税金を比較

意外と知らない税金

経費を計上して節税対策!〜FXスワップポイント派の税金を比較


FXにかかる税金はFX業者ごとで違い、
取引の仕方で節税が可能です。

まだまだ利益を上げる方法も存在しています。

その方法とはずばり「経費を計上すること」です。



比較的簡単にできる方法ですが、
やっている人が少ないのでもったいないですね。

ここでは、「ちょっとした方法で損益を上げる方法」
を紹介しましょう。



どんなビジネスでも同じことが言えますが、
経費は課税対象から外れます。


したがって、

経費を細かく計上してやることで、
課税対象額を抑えると、結果として、税金が安くなります。



では、FXにおける「経費」とは、
一体どのようなものがあるでしょうか?


FXにおいて経費として認められるものはたくさんあります。

たとえば「FX関連の書籍」や「文房具」の購入費です。
これらは経費として計上することが出来ます。

また、FX関係のセミナーなどへの参加費や交通費も
FXの経費として申請することが出来ます。



書籍や文房具の購入費、
セミナーへの参加量や交通費などは、
その金額の100%が経費として認められるでしょう。



また、

通信費やパソコンの購入費、
これらも経費として計上することが出来ます。




ただし、

たとえパソコンを新しく購入したとしても、
それをFX専用のパソコンと証明することは難しく、
購入費の100%が経費として認められるかどうかは不透明です。



「このパソコンではFXしかしていません!」

と、いくらあなたが豪語しても、
それを証明できなければ100%の経費として認められないのです。


これは通信費でも同じことが言えますね。
インターネットのプロバイダ料なども、
その100%を経費として計上することは難しいでしょう。


しかし、

パソコン購入費や通信費などの、
何割かは経費として認められると思います。


たとえば、

一日何時間くらいFX取引をしているかなど、
FX履歴のスケジュール表を作成しておき、
私用とFX用との大まかな割合を出すのです。



かりに、私用とFX用が半分半分だったとします。

すると、

通信費の半額を経費として計上できるかもしれません。
(税務署の判断次第なので絶対そうだとは言えませんが...)


このように、

経費として計上できるものは、
出来るだけたくさん申請した方がよいのです。



こうすることで、

少しでもFXの利益を上げることができるんですよ。


経費を出来るだけ計上することで、
利益額を少しでも上げる努力を心がけましょう!

→ FX税金の仕組みと対策一覧へ

FX初心者におすすめのFX業者

 高水準のサービスを提供。評判や口コミが好評の外為オンライン

外為オンライン 評判

外為オンラインコストの安く、信頼度も高いので評判はかなり高いです。6000円から取引ができ、レバレッジも200倍まで設定できるので少ない資金で効率的に稼ぎたい人におすすめです。

→ 外為オンラインの詳細へ

→ 外為オンラインの評判を分析



 高水準スワップポイント+手数料0円のフォーランドオンライン

フォーランドオンライン 評価

フォーランドオンラインスワップポイントが高めに設定されているのでスワップポイント狙におすすめです。また、FX手数料は0円で低スプレッドなので、取引回数の多い短期の取引にも向きます。

→ フォーランドオンラインの詳細へ

→ フォーランドオンラインの評価を分析


→ FXスワップポイント比較Toppageへ


このエントリーをはてなブックマークに追加