大手外国為替証拠金取引会社外為オンライン/ライブスター証券などのスワップポイントを比較!

FXスワップポイント比較.COM > 意外と知らない税金 > FXの税金のタイミングに注意 〜スワップポイント派の税金を比較

意外と知らない税金

FXの税金のタイミングに注意 〜スワップポイント派の税金を比較


FX収入の税金のかかり方は、実はFX業者ごとで違います。

為替差益、スワップポイント収入の税金がどういうときに
発生するのか知っておきましょう。



為替差益やスワップポイントによる利益が発生すると
税金を払う必要がありますが、
FX業者によって税金が発生するタイミングに違いがあります。


税金発生のタイミングは大きく分けて3パターンあります。


1つ目のパターンとは、

「売買差益、スワップポイントともに、
決済後に税金がかかる」
というものです。


決済をしてあなたの口座にスワップポイント分のお金が
入金された時点で、税金が発生する仕組みですね。


逆にいうと、
決済をしなければ、いつまでたっても税金は発生しません。



2つ目のパターンとは、

「売買差益、スワップポイントともに
決済しなくても税金がかかる」というものです。



しかし、

スワップポイント狙いの人には
このパターンは決してオススメできません。


具体的に説明しましょう。


米通貨のドルを1ドル110円で買い、
1年後に120円になったとします。

しかし、その半年後に105円にまで円高になりました。

この時点で決済をしたとすると、
売買差益はマイナス5円で、損をしたことになりますね。


しかし、

取引の途中で円安が進行し、
途中、120円にまでなりました。

この時点では「含み益」が出ていることになります。

決済しなくても税金がかかると言うことは、
この含み益にも税金がかかるということなのです。


つまり、

「売買差益で損をして、その上、税金まではらう必要がある」
ということになってしまうのです(泣)


したがって、

スワップポイント狙いの中・長期取引の場合、
このパターンを採用しているFX業者はオススメできません。



最後に3つ目のパターンですが、


「売買差益は決済するまでは税金はかからないが、
スワップポイントは決済しなくても税金がかかる」


というものです。
1つ目と2つ目の中間といった感じですね。


この場合、税金を払い必要があるのは当然ですが、
含み益の税金を払うことを防ぐことが出来るのです。


税金だけを比較しても、これだけ違います。
FX業者を選ぶときは税金対策をしっかり考えてくださいね。


→ FX税金の仕組みと対策一覧へ

FX初心者におすすめのFX業者

 高水準のスワップポイント。高金利の南アランドも取り扱っている外為オンライン

外為オンライン 評判

外為オンライン最高水準のスワップポイントと最高水準のスプレッド1銭原則固定(ドル/円)を提供。取引システムもバージョンアップし使いやすくなりました。

→ 外為オンラインの詳細へ

→ 外為オンラインの評判を分析


 スワップポイントが高水準のフォーランドフォレックス

フォーランドオンライン 評価

フォーランドオンラインスワップポイントは高水準で、パソコン・携帯アドレス宛てにリアルタイムでお知らせする「スワップ発生通知メール」も好評提供中です。

→ フォーランドオンラインの詳細へ

→ フォーランドオンラインの評価を分析



→ FXスワップポイント比較Toppageへ


このエントリーをはてなブックマークに追加